スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいものはいつまでもいい

最近またDVDをレンタルしだしたりして
趣味復活のきざしが見えてきました^p^

仕事もしたいことや方向性が見えてきていい感じ(?)か
どうかはわからないけど上向きにいってるように思います

社会人になって趣味や好きなことをする時間がなかなか取れなくて
だんだんしなくなってしまうような話をよく聞きます
そういう自分も仕事をはじめてから趣味になかなか手が出せずにいました。

でも趣味や好きなことをしてる時間はすごく大事で楽しくて
生活を充実させてくれるように思います

食べ物を食べて体に栄養を取って成長していくのと同じように
きれいな絵や音楽に触れることで心に栄養を取って豊かな心を
養うことが人生を充実させてくれる、というような話を
聞いたことがあります。

数え切れないほど映画や漫画に触れて育った自分は最近それを実感する
ようになったような、気がします
なのでできる限り趣味全開の生活を送りたい、と思うのです


前に観てよかったと思う映画のDVDをあさって買っては
思い出したり、こんな人出てたんかーって楽しむのも最近の趣味のひとつ


そこで今回のタイトルは(前置き長っ!)

第五惑星 (原題 Enemy Mine)

あらすじ
21世紀末の世界では宇宙進出した地球人がドラコ星人と
戦争を繰り広げていた。
ある日、激戦の末に地球人のダビッジと雌雄同体のドラコ星人ジェリバが
同じ惑星に墜落してしまう。
その惑星はとても劣悪な環境であり、生き延びるために二人は
渋々一時休戦して協力することにした。
そして幾多の危機を乗り越えるうちに二人には友情が芽生える。
そして二人の関係は、ついには地球人とドラコ人との
和解をもたらすこととなる。


たしか小学生だか中学生だかくらいのころに夜中にテレビでやってるのを見た
記憶があったんだけど、すごく面白かった印象がずっとあって大人になって
DVDを見つけて見返したらやっぱり面白くて、好きな作品です。

昔のSF的な、年代見たら1985年とかスターウォーズのジェダイの復讐が
1983年だからだいたいあんな感じの宇宙船とか戦いのイメージですねー
お金はスターウォーズほどかかっていない感じがあるけども…


まずこのドラコ星人の第一印象は、怖い、気持ち悪い、とかそんなん
鳥山明さんが描くセルとかナメック星人とかの感じを気持ち悪く実写化
したようなそんな見た目
しかし観ているうちにいつのまにか見た目の気持ち悪さが気にならなく
なっていくんですねー 不思議


ひとりでは生きていけない過酷な環境の中で
生きていくために協力し、助け合い、お互いの文化や言葉を教え合う
はじめは敵同士で殺し合っていたというのに
親友と呼ぶまでの関係になり、その子供にドラック星のことや言葉を
教え、育てるダビッジの姿に感動さえ覚えたものです

SF映画ではありますが異星人との心の交流を描いた傑作だと思います
またしばらくしたら見返したいなー
そしていつの日か自分に子供ができたとしたら見せてあげたい
そう思える映画です。
スポンサーサイト
プロフィール

ぴーと

Author:ぴーと
大人の皮をかぶった子供♂
趣味はゲーム、音楽、漫画、映画etcです。
主にマリオカートWiiをしてます。
 
作ってみました☟
ニコニココミュ
↑コミュで不定期にギター練習放送やゲーム配信してます。

ついったーはこちら↓
@PitoEternal



メカ音痴です><
その他主についてはお手数
かけますがカテゴリの
自分について
ゲーム暦
あたりを参照ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。