スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活するらしいので^p^

そういえばアマゾンさんで画像のっけられるんだってことで↓


うしおととら 全巻セット (小学館文庫)うしおととら 全巻セット (小学館文庫)
(2011/03/01)
Windows

商品詳細を見る


藤田和日郎さんのファンとしてはうれしいニュースが最近ありましたね^p^
東日本大震災の被災地を復興支援するプロジェクト「ヒーローズ・カムバック」の
一環として新作の読み切りが執筆されているらしい、ということで

φ(-ω- )カキカキ_φ( -ω-)ノ[゚・*:.。.祝い゚・*:.。.]ペタッ


【うしおととら】です

作者は藤田和日郎さん


ウィキペディアからのコピペで概要とあらすじを

週刊少年漫画雑誌『週刊少年サンデー』(小学館)にて、
1990年6号から1996年45号にかけて連載された。
単行本は小学館:少年サンデーコミックスより全33巻+外伝1巻、
同ワイド版より全18巻、小学館文庫より全19巻。

主人公の少年「蒼月潮(あおつきうしお)」が妖怪「とら」と共に、
妖怪退治の槍「獣の槍」を武器に、大妖怪「白面の者」と戦う姿を描く。

「うしお」と「とら」の出会い、「獣の槍」と「白面の者」との
戦いは全くの偶然のようであったが、物語が進むにつれて、
それぞれの深い関わり、長きに渡る宿命が明らかになっていく。
人間と妖怪を超えた深い絆を主軸に置きながら、
非常に多くの登場人物達のエピソードが描かれ、
それらが終盤に向けて一つに収束していき、物語は最終決戦に至る。




小学生のときに兄が読んでたのを借りて読んだのがうしおととらでした。
はじめの印象はこわい漫画…w特に飛行機の上で戦った妖怪ふすまの
場面は小学生には十分怖かったのを覚えてます^p^;
あとなまはげの妖怪の話とかねー 怖かったなーw
藤田さんの画風は少し変わっていて気持ちを原稿にぶつけて
描いているような、漫画家というより芸術家という表現のほうが
近いんじゃないかなと個人的に思ったりします。
それが時には怖かったり、時には心を揺さぶられるようなパワーを
感じるような、そんな気がします。


巻末のおまけページでは悪ふざけとしか言えないようなクイズとかw
楽しんで描いている姿が見えてくるようで毎回笑って読んだりもしていたけど
なんと言っても感動できる話がいっぱいあって
妖怪さとりとの戦いを描いた”ブランコをこいだ日”の章は何回読んでも
号泣しちゃうくらいですし、
白面の者が誕生する原因になった英雄シャガクシャの話も好きで
何回も読み返したもんです

烈火の炎の安西さんとか金色のガッシュ!の雷句さんとかたぶんほかにも
いっぱい藤田さんの下でアシスタントでがんばって漫画家デビューした
人がいるだろうし、サンデーになくてはならない人だと思ってます。

サンデーの有名な漫画家といえば一般的には青山剛昌さんとか
高橋留美子さんとかあだち充さんだと思うけど個人的には
藤田さんを入れてサンデー四天王的な感じだと思っているw
(他にいて忘れてたらごめんなさいw)


新作の読み切りは掲載は12月とかで単行本も発売されるというので
楽しみに待ってます
ちなみに鋼の錬金術師の荒川弘さんも参加するみたい♪やたー
ワ――゚.+:。ヾ(o・ω・)ノ゚.+:。――イ
スポンサーサイト

壁|ョ。・`ω・。) 雑記

おふぁよーございます 

ついったーでつぶやこうかとも思ったんですが
ついったーの枠内におさまらなくなりそうなのでこっちで^p^


かなり前に読んだ本について最近思い出したので
(思い出しただけでうろ覚えですが)
たしか本のタイトルは
(そこから記憶が定かではないw)

【水は答えを知っている】だったかなーー

大学生のとき友達にあげただけでしっかり読んだわけでもないけど…
内容はたしかある実験について書いてあってその実験っていうのが

水を凍らせたときにできる結晶の観察をするというもので…
なぜこの本の存在を知ったのか覚えてないですが
クラシックのきれいな音楽を聴かせた水と不協和音を聴かせた水で
できる結晶の違いを見たり、
日本語だけじゃなくいろいろな国の言葉でありがとうを聞かせた水と
ばかやろうを聞かせた水でできる結晶を比較してみたり、
きれいな音楽やありがとうという良い音を聞いた水の結晶は
ほんとに左右対称のきれいな形をしていて、
逆に不協和音だったり罵声を浴びた水からできる結晶は
ぐちゃぐちゃにくずれた結晶が出来上がっていて

なにが言いたいかというと(本にも書いてあるんだけど)
人間の身体の70%は水でできているってこと。
好きな音楽を聴いて心が安らいで、
罵られて悔しくてイライラしたり、
この結晶が表しているのはきっと心の形なんだなって
読んだときに考えて、それ以来人に対しての接し方が
少し変わったように思います。

友達にあげただけの本なのにwたぶんそんなに本を読まない
自分の中ではかなり影響力のあった本ではないかとw

誰かの悪口ばっかり言ったり、不平不満をもらしながら眉間にしわをよせて
ばっかりの人を見たりすると残念に思います。
もちろん自分もイライラすることもあるし、なかなか思い通りには
いかないけどそんなときにこの本のことを思い出したりします。
この本の中にあるきれいな結晶のようにいつもきれいな心を
持っていたいと思ったのでした。
プロフィール

ぴーと

Author:ぴーと
大人の皮をかぶった子供♂
趣味はゲーム、音楽、漫画、映画etcです。
主にマリオカートWiiをしてます。
 
作ってみました☟
ニコニココミュ
↑コミュで不定期にギター練習放送やゲーム配信してます。

ついったーはこちら↓
@PitoEternal



メカ音痴です><
その他主についてはお手数
かけますがカテゴリの
自分について
ゲーム暦
あたりを参照ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。