スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去年観たやつで

印象に残ってる映画を2本ばかりご紹介

まずは

ゾンビ処刑人

名前からしてww
ホラーコメディーです

不慮の死を遂げた青年バート(デヴィッド・アンダース)は墓場でよみがえり、
ゾンビとなって親友ジョーイ(クリス・ワイルド)を訪ねる。
普通の食事を体が受けつけられず、
生き血を求め病院で輸血パックを強奪していたところを強盗に襲われるが、
難なく強盗を倒す。
そして悪人退治のついでに血をすすることを思いついた2人は、
「夜回りゾンビ」として街の悪人どもを成敗し、話題を集めるが……。

数あるゾンビ映画の中でも異色を放つゾンビが主人公という設定…
夜な夜なはびこる悪人を始末していき
夜回りガンマンとしてニュースで取り上げられてゾンビとして
の人生を満喫するものの長くは続かずに
自分の存在を消そうとしたりとなんとも切なくもある不思議な映画です。

ゾンビ同士で至近距離で銃を撃ち合うシーンや
電車が迫りくる線路に飛び込むも死ねないシーンが印象に残ってます。



もう1本は 

マーターズ

という映画です。

1970年代のフランス、何者かに拉致監禁され、
長期にわたり虐待を受け続けた少女リュシー(ジェシー・パム)は自力で逃げ出し、
傷だらけの状態で発見される。養護施設に収容された彼女は心を閉ざしていたが、
同年代の少女アンナ(エリカ・スコット)にだけは心を許していた。
15年後、リュシー(ミレーヌ・ジャンパノイ)は自分を監禁した相手を発見し、
猟銃を手に犯人宅を訪れる。

平和な普通の家族の朝の風景という感じのはじまりが、
猟銃を持ったリュシーが訪問してきて一変、
扉を開けた瞬間リュシーが家族を射殺していき、
彼女自身も何者かの存在に怯えていて、
突然襲われてはバトルが始まったりします。

ショッキングなシーンの連続で心休まる暇がありませんw
心臓の弱い人や苦手な人はホントに観ない方がいいと思いますww

Σ(・艸・○)ェ!! とか
il||li(´・ω・il)il||li とか
そんな顔ばっかりしてましたん

後半の展開もすごかったー
拷問的シーンが痛々しいので2回は観なくてもいいかなー
壁|*´・Д・)


どちらの映画も観た後の余韻がすごくて
グロ耐性のある人で観たい人はぜひ
スポンサーサイト
プロフィール

ぴーと

Author:ぴーと
大人の皮をかぶった子供♂
趣味はゲーム、音楽、漫画、映画etcです。
主にマリオカートWiiをしてます。
 
作ってみました☟
ニコニココミュ
↑コミュで不定期にギター練習放送やゲーム配信してます。

ついったーはこちら↓
@PitoEternal



メカ音痴です><
その他主についてはお手数
かけますがカテゴリの
自分について
ゲーム暦
あたりを参照ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。