スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”銀魂”の回

こんばんわ
毎日暑いですね~^^;

今回賞賛する漫画は
 
”銀魂”
 
です

週刊少年ジャンプにて連載中の空知英秋さんの漫画です。


だいたいこんなお話↓ (Wikipediaより抜粋)

江戸時代末期、「天人(あまんと)」と呼ばれる異星人達が襲来した。まもなく地球人と天人との間に十数年にも及ぶ攘夷戦争が勃発。数多くの侍、攘夷志士が天人との戦いに参加した。しかし、天人の絶大な力を見て弱腰になっていた幕府は、天人の侵略をあっさりと受け入れ開国してしまう。そして、幕府は天人による傀儡政権となり、天人達が我が物顔で江戸の街を闊歩するようになった。一方、国や主君のために天人と戦った攘夷志士達は弾圧の対象となり、他の侍達もその多くが廃刀令により刀を失い、戦う気力を失っていた。

天人の襲来から20年後、剣術道場の跡取りで若輩ながら古風な侍気質を持つ志村新八は、剣術を生かす道もなく、意に沿わないアルバイトで姉である志村妙と生計を立てていた。そんな新八の前に風変わりな一人の侍が現れる。未だに変わらない侍魂を持った男、その名も坂田銀時。銀時の男気に惹かれた新八は、侍の魂を学ぶために彼の営業する万事屋で働き出す。やがて万事屋には、戦闘種族である夜兎族の神楽や巨大犬の定春などが転がり込んでくる。

そして、万事屋ゆえに江戸のあらゆる依頼事(やっかいごと)に首を突っ込むようになった銀時達は、江戸の治安を預かる真選組や、かつて銀時の盟友であった侍達等、様々な人間や天人達と関わり合っていくことになる。


ゲームやアニメのパロディなんか交えたやりとりとかが面白かったり、

そこまでやって大丈夫か^^;って思うくらいの下ネタがあったり、

そんな中で時々めちゃめちゃかっこよく決めるとこに惹かれます。

2巻の第九訓 喧嘩はグーでやるべし の時の銀さんがかっこいいのです

7巻の第五十四訓 人の名前とか間違えるのは失礼だ の中に出てくる

茂吉の話が地味に好きだったりしますww

…↑の話は銀さんが家をタダで改造してもらおうと宇宙の大工の職人魂を

もてあそんでついたホラ話なんだろうけど…しかし

茂吉かっけぇぇぇーーww

中でも1番好きなのは6巻の第四十二~四十四訓の話です。

鬼道丸の話ですね~これは問答無用でかっこいい話です^p^

初期のころの話がわりと好きだったりしますが単行本で最近のも読んで追いつかないと…^p^;

まだまだかっこいい話をいっぱいやってほしいものです♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴーと

Author:ぴーと
大人の皮をかぶった子供♂
趣味はゲーム、音楽、漫画、映画etcです。
主にマリオカートWiiをしてます。
 
作ってみました☟
ニコニココミュ
↑コミュで不定期にギター練習放送やゲーム配信してます。

ついったーはこちら↓
@PitoEternal



メカ音痴です><
その他主についてはお手数
かけますがカテゴリの
自分について
ゲーム暦
あたりを参照ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。